チーム俺等 歴史部

2000 | 08 | 09 | 12 |
2001 | 01 | 02 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 03 | 06 | 08 | 09 | 11 |
2008 | 02 | 07 |
2010 | 03 |
 | 

2003-03-18Blowin’ the Blues Away / Horace Silver

[]DeleGateのCFIについて

少しだけ補足。


昨日の例ではFTOCLオプションに直接sedの起動コマンドを記述したのだが、DeleGateにはCFI(Common Filter Interface)という仕組みがあり、これを使うと例えば特定のContent-typeの場合のみフィルタを実行するなんてことができる。


昨日の例をこれに従って少し変更してみる。

CFIスクリプト内にはフルパスを記述しないとうまくいかなかったので、sed.exe及びFILTERは、c:\bin\sedに置いたものとして説明する。


まず“PARAM10080”の最後の行を下のように変更する。

 FTOCL="oasobi.cfi"

で、oasobi.cfiの内容。ちなみにこれはc:\Program Files\DeleGateに置いた。ちょっとややこしいね。

#!cfi
Content-type: text/html
Filter: c:\bin\sed\sed.exe -f c:\bin\sed\filter

こんな感じ。


後はCFIの詳細について調べてもらえれば、きっとどっぷりはまれることでしょう。

何かおもしろいこと思いついたら教えてください。

(ASIN:B00005GKAC)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030318

2003-03-17Actual Proof / Herbie Hancock

[]DeleGateで遊ぶッ! 00:32

他所にて「Delegateなら…」とか書いたら、何となくキネヅカが疼きだしたので(?)つーか実際にやってみたくて仕方がなくなったのでちょっと遊んでみる。

DeleGatehttp://www.delegate.org/ から、Download>FTP/HTTP GATEWAY>DeleGate>bin…と辿っていくのが確実なようです。


それからフィルタでの文字列置換のために、sedも用意しましょう。

おれは「マルチバイト対応」の言葉を信じて↓これをダウンロードしました。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se015016.html

あー「UNICODE には対応しておらず」か。まいいや。とりあえずお遊びだし。


DeleGateはc:\Program Files\DeleGateに解凍。sedは解凍し、EXEファイルだけ同じフォルダにコピーした。

ついでにdgx_x_x.exeってファイルはdelegated.exeにリネームしとく。必要はないけどね。

で、同じフォルダにさらにふたつ、テキストファイルを作成する。

まずひとつめはDeleGateの実行パラメータを記述するファイル、名前は“PARAM10080”としておきます。

 -P10080
 SERVER=http
 CACHE=no
 ADMIN=wireself
 CHARCODE=shift_jis
 FTOCL="sed -f filter"

もうひとつはsedが呼び出すフィルタルール。名前は“FILTER”。

 s/wireself/おバカ/g
 s/コメントを書く/ツッコミを入れる/g

ま、お遊びってことで…。

で、いよいよDeleGateを起動します。

コマンドプロンプトから

 c:\Program Files\DeleGate>delegated +=PARAM10080

ここからがWin2k/XPなどのNT系とWin9xとでは結構違います。

9x系の場合、処理が戻ってきませんがそういうものです。このウィンドウはこのままほったらかして下さい。

ウィンドウを閉じたりCtrl+Cとかで止めることができますが、そうするとこの後の遊びには参加できません。

邪魔ならとりあえず最小化しておきましょう。


NT系の場合

 Trying to start as a service [DeleGate Server -P10080] ...
 Set Automatic Start on System Startup ? [y] / n : n

てな訳で[DeleGate Server -P10080]というサービスが作られます。

でこれをシステム起動時に自動的に開始しますか?てなこと聞いてきてますんで、おれは手動にしておきました。

サービスの登録とレジストリへの登録が完了したら処理が戻ってきますので、こちらはウィンドウを閉じちゃっても構いません。


これで準備完了。

ブラウザのアドレス欄に

 http://localhost:10080/-_-http://d.hatena.ne.jp/wireself/

てな感じで使います。


あとはFILTERファイルを書き換えまくって遊んでみてください。

[]しまった!

今回Operaじゃなくても全然問題ないぞ(汗。

[]つかそもそもDeleGateってなんなのよ 17:44

って方のために少し説明。

DeleGateってのは要はプロシキサーバの一種なんですが、単に情報をキャッシュするだけじゃなく各種の変換処理なんぞもかませてしまえるというソフト。かつて日本語に対応したブラウザがなかった頃などは日本語文字コード変換に使われてたようです。わがOperaもつい1年半くらい前まではお世話になってました。

で、さらにsedやperlや自作プログラムを変換用フィルタに使うこともできたりする。つまりProxomitron(うちでは以降“ぷろろん”と呼びます)みたいなことどころかもっと高度なこともできちゃう。奥が深すぎて困っちゃうソフトです。


今回フィルタはごくごくお遊びみたいなのにしといたけど、外部のプログラムが使えるんだから融通はいくらでも利く。

詳細はリファレンスマニュアルでも見てください。詳細すぎて溺れると思うが。

http://www.delegate.org/delegate/Manual.htm

http://my.reset.jp/~setter/docs/Manual79.htm(日本語訳)


あと今回のフィルタはsedで作ってみてるんでSED 教室とかも。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA000770/sedlec/


でプロキシってのは、ブラウザ側であらかじめ設定しておけば以降のアクセスで経由するようになるってのが普通なんですが、DeleGateならそんなことしなくても、必要なときアドレスバーから特殊な指定をすれば使えますよってのが上でやりたかったこと。


でね、使えるフィルタができたら、こんなふうに使えばどうでしょう。

Item, "フィルタを通す"	= Go to page, "http://localhost:10080/-_-%u"
Item, "リンクをフィルタして開く"	= Copy link address & Go to page, "http://localhost:10080/-_-%c"

ふう。なんとかOperaネタに繋がったよ(汗。

(ASIN:B000007VYX)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030317

2003-03-15Quicksilver / Art Blakey

[]ホットリストパネル一発選択 12:31

Opera7のホットリストは、F4で表示させてもアクティベートされない、つまりフォーカスが移らずすぐにキー操作することができない。

F7だとその点はいいのだが、例えば前回履歴を表示させてて今度はブックマークが使いたいんだッ!てなとき、肉眼で確認しながら矢印キーでフォーカス移動しなくてはならず、やはりキーボード操作のメリットが大幅に失われてしまう。


何とかならんものかと色々試す。

パネルアイコン右クリックで各パネルの表示/非表示のチェックがあるが、一旦非表示にしたパネルを再度表示させるとアクティブになるようだ。

で思いついたのがこういう方法。メニューバーを消しちゃってるから使えるワザかも知れないが、Alt + B / M / C / H / L / W にそれぞれ各種パネルのアクティベーションを割り当てた。

b alt = Activate hotlist window & Hide panel, "Bookmarks" & Show panel, "Bookmarks"
m alt = Activate hotlist window & Hide panel, "Mail" & Show panel, "Mail"
c alt = Activate hotlist window & Hide panel, "Contacts" & Show panel, "Contacts"
h alt = Activate hotlist window & Hide panel, "History" & Show panel, "History"
l alt = Activate hotlist window & Hide panel, "Links" & Show panel, "Links"
w alt = Activate hotlist window & Hide panel, "Windows" & Show panel, "Windows"

実際にやってみるとブックマークで前回フォーカスしていたアイテムに、次にアクティベートした時もフォーカスされるなど予想以上にイイ。こりゃF7( , × n回) ,Tab ,Tabとかやるよりよほどいいではないか。快適快適。

[]マウス派の人もこんな感じならどうだろう 17:05

まずmenu.iniの末尾にでもこの内容を追加する。

[Hotlist Activation Menu]
Item, "ブックマーク" = Activate hotlist window & Hide panel, "Bookmarks" & Show panel, "Bookmarks"
Item, "メール" = Activate hotlist window & Hide panel, "Mail" & Show panel, "Mail"
Item, "コンタクト" = Activate hotlist window & Hide panel, "Contacts" & Show panel, "Contacts"
Item, "履歴" = Activate hotlist window & Hide panel, "History" & Show panel, "History"
Item, "リンク" = Activate hotlist window & Hide panel, "Links" & Show panel, "Links"
Item, "ウィンドウ" = Activate hotlist window & Hide panel, "Windows" & Show panel, "Windows"

で同じくmenu.iniの[Document Popup Menu]に以下を追加すれば右クリックメニューに仕込めるし…

Submenu, "ホットリスト", Hotlist Activation Menu	=

toolbar.iniの[Customize Toolbar Small]に以下を追加すれば…

Button, 21254="View hotlist | View hotlist, 7 + Show popup menu, "Hotlist Activation Menu""

パネルのドロップダウン選択が追加されたホットリストボタンが使えるようになる。

名付けて“Extended Hotlist Button”…ってあまりにもそのまんまやな(笑。

ついに休止されるという“今日の必ずトクする一言(tomoya.com)”*1に敬意を表して、“wireself式風水ホットリストボタン”にしとこうかな。


「ホットリストなんて使ってられっかよ」と食わず嫌いしてらした方も、この機会に一度どっぷりとホットリストの深みにはまってみては如何ではないでしょうか(笑。

[]そうかぁ、マウスジェスチャに仕込むのもいいよなぁ・・・

くそうッ悔しくなんかないぞぉ!


いやマジで(笑。


(ASIN:B0000289Z6)

*1:2週間ほどしか意味をなさないので、リソースの節約のためリンクは張らないことにします。少しは炭酸ガスの増加が抑えられるでしょうか。長い間勝手にお世話になりました。あえてお礼も勝手に言うだけにしたいと思います。ありがとうございました。

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030315

2003-03-13これでいいのか / HANIWA

[][]7.03出てますね。 12:56

でもまだhttp://www.opera.com/でアナウンスされた訳でないので差し替えられる可能性もあるので注意。

とかいいつつおれももうインスコしちゃったけどね(汗。

[]上書きインストール時の注意 12:56

さいとうさんのパソコン日誌に詳しく書かれている通り、そのままインストールするとそれまで使ってたOpera7.0xのiniファイルは上書きされちゃうので注意。

私の場合、既存Operaインストールフォルダと設定フォルダ*1
Opera7 ⇒ Opera7.01
のようにリネームしておいて、
あとはごく普通にOperaの新バージョンをインストールしてます。
アンインストールはしないけど、Operaレジストリをほとんど使わないはず(※)だから基本的にはクリーンインストールと同じ。

必要に応じてリネームしておいた旧フォルダから*.adrなんかの設定ファイルをコピーすればあとは最小限の設定変更で済むし、何かの都合で古い方に戻したいときはOpera7 ⇒ Opera7.02、Opera7.01 ⇒ Opera7 などとやるだけでオッケー。

いろんなバージョンをテストする都合もあってこれがベストかなぁ、と。
確か6.xのβラッシュの時この手で行くことにしたんだっけか。
実際6.x、7.xそれぞれかなりの種類のビルドをインストールしましたがノートラブルです。

(補足)
※ちなみにインストールフォルダ名はレジストリに記憶しているらしいので返って好都合だったりします。

MoonStone'S LaboratoryのBBSに投稿した内容の転載

どうせならインストール直後にフォルダごとコピーしてOpera7.03とかにしとくと、デフォルトに戻すときも楽ですね。おれはやりませんけど(笑。

[]ちなみにその結果… 17:43

こんな愉快なことになっちゃってます(汗。

D:\Program Files>dir opera*

 ドライブ D: のボリュームラベルはありません.
 ボリュームシリアル番号は 7775-CC72
 ディレクトリは D:\Program Files

OPERA          <DIR>        02-12-16   8:32 Opera
OPERA    BAK   <DIR>        02-03-28  17:00 Opera.bak
OPERA7~1 BET   <DIR>        03-02-08  11:26 Opera7.beta
OPERA7~3 02T   <DIR>        03-02-20  10:13 Opera7.02t11
OPERAF~1       <DIR>        02-11-13  14:57 OperaFontSetting
OPERA7~1 BOR   <DIR>        03-02-15  18:34 Opera7.bork
OPERA_EX       <DIR>        03-02-04   9:37 opera_ex
OPERA7~1 02T   <DIR>        03-02-15   2:56 Opera7.02t3
OPERA7~2 02T   <DIR>        03-02-20   9:30 Opera7.02t10
OPERA7   01    <DIR>        03-02-08  11:24 Opera7.01
OPERA7         <DIR>        03-03-13   9:40 Opera7
OPERA7~4 02T   <DIR>        03-02-21   9:33 Opera7.02t13
OPERA7   02    <DIR>        03-02-27   8:27 Opera7.02
OPERA7   03    <DIR>        03-03-13  12:50 Opera7.03
         0 個                  0 バイトのファイルがあります.
        14 ディレクトリ         58.33 メガバイトの空きがあります.

つかもう58MBしか空きがないのかよ。やべぇよ(笑。

[][]おっと忘れてた! 00:10

ちゃんとアナウンス出てますね。

http://www.opera.com/

http://jp.opera.com/

うれしくもありうれしくもなし(謎


(ASIN:B00005G6KK)

*1:[ヘルプ]>[Operaについて]の“Operaディレクトリ”に書かれてるパスのことです。

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030313

2003-03-12いまわし電話 / P-MODEL

[]今日のイカれたカスタマイズコーナー(嘘

toolbar.iniの[Status Toolbar]を以下の内容に書き換え。

[Status Toolbar]
Button style=0
Large Images=0
Wrapping=0
Button0, "ファイル"="Show popup menu,"Browser File Menu",, "", , """
Button1, "編集"="Show popup menu,"Browser Edit Menu",, "", , """
Button2, "表示"="Show popup menu,"Browser View Menu",, "", , """
Button3, "移動"="Show popup menu,"Browser Navigation Menu",, "", , """
Button4, "ブックマーク"="Show popup menu,"Browser Bookmarks Menu",, "", , """
Button5, "メール"="Show popup menu,"Browser Mail Menu",, "", , """
Button6, "ウィンドウ"="Show popup menu,"Browser Window Menu",, "", , """
Button7, "ヘルプ"="Show popup menu,"Browser Help Menu",, "", , """
Status8
Button9, "Opera"="Go to page,"http://www.opera.com/", "", , "Panel Windows""

いや、IEのメニューバーもどきにできないかなぁって思って(汗。

右端のOperaアイコンがポイントなんだけど…未レジストの方は上に置くと広告が重なって見れないね。


(ASIN:B00005HFJF)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030312

2003-03-11Sound System / Herbie Hancock

[]JavaScriptインジケータ 17:48

昨日2ちゃんねるに書いたのに少し追加してざっとまとめておく。

オリジナルボタンを追加
skin.iniの[Images]セクションに以下を追加。
Special Button1					= small_buttons/search_shopping.png
Special Button2					= small_buttons/search_music.png

search_shopping.png、search_music.pngは、skin.iniを見る限り7.02では未使用のボタンだが、これでSpecial Button1/2としてtoolbar.iniで使用可能となる。絵心のある人ならsmall_buttonsなどと同じ階層に“original_icons”なんてフォルダでも作って自作アイコンを詰めこんどくといいのではないだろうか。

JavaScriptインジケータを作る
toolbar.iniの[Customize Toolbar Small]セクションに以下を追加
Button, "JavaScript"="Enable javascript, , "", , "Special Button1" | Disable javascript, , "", , """ 

Operaを再起動し、例によってツールバーのカスタマイズ小さなアイコンからアドレスバーにドラッグ。

JavaScriptオンオフがアイコンの凹凸で表現される。もちろんクリックしてオン/オフ切り替えも可能。


これを仕込んで複数ページを[並べて表示]し、当該ボタンのいずれかひとつをクリックするとすべてのページでボタンが一斉にオン/オフするのがわかる。つまりJavaScriptの状態は全ページ共通ってことやね。アドレスバーに置くメリットはそれほどはないのでした。メインバーを表示してる人はそっちに置いた方がいいでしょう。


ちなみに“Special Button2”はこの例には不要なのです。

「サウンドのオン/オフ」インジケータ辺りご自分で試してみては如何?ってことで(笑。

[]今思いついた 18:11

誰かSleipnirスキンとか作ってよ。もちろんアイコンも拝借してきて(笑。

(ASIN:B00003IQJC)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030311

2003-03-08Stella By Starlight / V.S.O.P. The Quintet

[]画面を広く使う(メニューバー編) 08:29

メニューバーを消す

opera6.iniの[User Prefs]セクションに以下の行を追加。

Show Menu=0

メニューバーの機能が全く使えなくなっちゃうと何かと困るので、次のいずれかのような対応を取る。

メニューをF1でポップアップ

以下の通りinput.iniの該当行を修正

;F1                  = Go to page, "opera:/help/index.html"
F1                  = Show popup menu, "Browser Menu Bar"

OperaSoftwareの社員、Rijkさんのご意見ではF10の方がいいらしい。

なるほど言われてみればExcelとかでもF10でメニューバーにフォーカスするもんね。

まあその辺はお好みで、ってことでおれはあくまでF1を例にしとく(笑。

(マウス派向け - その1)右クリックメニューにメニューバーの内容を組み込む

menu.iniの[Document Popup Menu]セクションの最後に次の行を追加

Submenu, "メインメニュー", Browser Menu Bar, =

(マウス派向け - その2)メニュー表示用ボタンをアドレスバーの横に作っちゃうなんてのはどうよ?

toolbar.iniの[Customize Toolbar Small]セクションの最後に次の行を追加。

Button, "メインメニュー"="Show popup menu, "Browser Menu Bar", "", ,"Hotlist""

Operaを再起動して表示ツールバーのカスタマイズ小さなアイコンを見ると"メインメニュー"アイコンが!

こいつをアドレスバーまでドラッグ。

アイコンはとりあえずホットリストのもの(デフォルトだと星型☆)がそれっぽいかな?と。もちろんこれもお好みで(笑。


(ASIN:B00005G9DO)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030308

2003-03-06Left Alone / 村上“ポンタ”秀一

[]続・ブックマーク 18:59

そもそもブックマークってちゃんと活用できてる人いるのだろうか。

ごくごく初心者のうち、検索ページと仕事でよく見るページと知人のページ、あとは好きなタレントの公式サイトとか登録してるだけのうちはいい。しかし1年2年と経つうち膨大になったそれはまさしく“ブックマークの肥やし”でしかなく、ちょくちょく見に行っているごく一部のサイトを除けばその存在すら忘れ去られ取り残され、ある日何かの目的でGoogle検索で見つけたこのサイトいいじゃん使えるじゃん!よしブックマーク…とか思ったらそのサイトは1年半も前に登録済みだったりとか、ヘタすりゃ重複して登録しちゃったことにさえ気付いてないなんてこと、ほんとにありませんか?

誰でもあることとして話を進めちゃいますが、つまりブックマークなんてものはどんどん登録できるのは当たり前。むしろ積極的に削除していくことを主眼に置くべきだ。

で、Operaのブックマークでは“最終訪問日時順”に表示することでこれが容易にわかる。昇順に設定すりゃ、上に来てるのはここんとこ見に行ってないとこなんだから、そんなの消しちゃえばいい。いきなり消すのが怖いならもう一回見に行けばいい。必要ないと思えば消せばいいし、「久しぶりに行ってみりゃこんな有益なとこわすれちゃってたのか!」とか思うなら今度は忘れないようにちょいとこまかく「説明」を入力しておけばいい。

こんな風に整理するのには、“ユーザー定義順”なんて邪魔なだけだ(極論)。

まあ不満もあるけどね、7になって、その最終訪問日時が具体的にはいつなのか、プロパティ見なきゃわからないんだから。これは早く元に戻して欲しい。

[]鳳凰

他のブラウザのブックマークってどんなんかなぁ、ってんでとりあえずPhoenix入れてみた。なかなかええやん!

検索もあるみたいやし、スケジュールなんかも組めるみたい。イケてる!

しかし残念ながら最大の欠点があった。それは「Operaでない」ことだ(いつもながらの妄言)。

ちなみにIE6を使ったことがありません。

あ、あるか。ネットカフェで数分だけ。Operaをダウンロードしたらお役ご免です(笑)。

秘密のアンテナ

まあ結局ブックマークは所詮ブックマーク。

昨日はあんなネタ書きましたが、巡回まで無理してやることはないんですよね。

ってんではてなアンテナをいじってみてます。今んとこ非公開っつーか、他の人のそれとあまり変わり映えしそうにもないんで多分ずっと非公開。

でも面白いですね。

何よりブックマークと違ってネットに繋げばどこからでも使えるってのがいい。

ここらで一度思いっきりブックマークを整理しちゃうのもいいかな、と思いました。

検索とアンテナとブックマークをうまく使い分けるともっと効率よく、楽しめそうです。

(ASIN:B00000JX5E)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030306

2003-03-05栞のテーマ / サザンオールスターズ

[]ブックマーク 20:16

いろんなとこで「使いにくい」と評されているらしいOperaのブックマーク、確かに「使いやすくはない」かも知れないけどホットリストは「かなり使い手がある」んですよ。

ニックネームと説明、それを含めた要素をインクリメンタルサーチできること、訪問日時順のソートなど使えば、表示順なんて気にしなくていいはず。

…っていうか、量が増えてくると目視で管理なんて不可能ですよあんなの。「名前順に表示」して頭文字で検索できた所で知れてます。よく行く所を探すのにはいいけど、そうでない所は放置されたままになるのが落ちです。っておれだけですか?記憶力には全く自信ないんで「そうだ」と言われれば「そうですすいませんでした」。

それはそれとしても、「毎日、何度でも更新しちゃう」とこ、ほぼ1日一回のとこ、週に数回、週イチ、月に数回、数ヶ月おき、ほとんど放置、など、ブックマークにはこんな様々なサイトが混在しているワケです。

それを同じカテゴリに属するからと同じ地平において管理しようなんてのが土台間違ってる!…と思ったことはありませんか?

おれの場合、「月に数回」以上の頻度で更新するサイトは「説明」欄にこんな風に入力してあります。

・1日一回以上更新するサイト
 *sun,*mon,*tue,*wed,*thu,*fri,*sat

・週に数回
 *mon,*wed,*fri

・週イチ、月に数回
 *mon
 (適当に曜日を割り振る)

で、朝Operaを起動して最初にやる手順は以下の通り。

  1. ホットリストの「クイック検索」をフォーカス(F7 ,Tab)。
  2. その日の曜日を「*wed」てな具合に入力する。
  3. その日巡回すべきとこが出て来るんで、Tab ,Ctrl + A, Enterで全部開く。

あとは2でページ切り替えて、Spaceで送りながらざっと読んで、必要なければCtrl + W


一度試してみては如何ではないでしょうか(かつての裏ニュース風)。


(ASIN:B00005GXM0)

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030305

2003-03-01Forward March / Pat Metheny Group

[]ホットリストのブックマーク 18:00

Hotlist の二段階表示の件。opera.general でもこの所一番多く出てくる苦情です。もしかしたなら Opera7 最大の苦情点かも知れませんから、7.04 位には変わるかも。でもさあ、6.x であの形式を初めて使った人の中には、逆の事を言う人が結構居たんですけどね〜。やれ、これは使いにくいとか、何で IE と違うんだとか、絶対に一画面のツリー表示の方が探しやすいとかって、、、。

パソコン日誌 2003年3月1日(土)

いましたよねぇ。結局「慣れてるものが一番」て方には、正直お奨めしにくいのかな、と最近ようやく思えるようになってきました。

個人的には、操作の互換性を保った上で新機能を搭載することに固執したばかりに肥大化の一方を辿る某M$社製ソフトウェア群のようになってしまうくらいなら、以前のものはすっぱり捨て去ってでもよりよいものをシンプルな形で盛り込んでいって欲しいものです。まさしく“言うは易し行うは難し”ですが、その困難に敢えて挑戦したOperaSoftwareを、その姿勢だけでも評価してしまいますよおれは。

でも今度こそ明らかにレベルダウンしちゃってるとこを早く何とかしてくれ(笑。あとできればWin95のIME落ちも(;´Д`)。

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/wireself/20030301
 |