Hatena::Grouporera

もし高校野球の女子マネージャーがOpera Browserを使ったら

logo
 | 

2010-07-07

AutoPagerizeSITEINFOLoader.js

09:16

Opera 10.6x のバグのせいでちゃんと動いてなかった AutoPagerize SITEINFO Server の代わりになる UserJS を作った。


使い方

まず、以下をインストール。


次に、oAutoPagerize.js に以下の変更を施す。

上から29行目ぐらいのところで

insertSITEINFO();

という行を

if (!Set.USE_CUSTOM_SITEINFO_LOADER) insertSITEINFO();

に変更。それから、一番下から2行目で

document.addEventListener('AutoPagerize_SiteinfoLoaded', autopager, false);

となってるところを

document.addEventListener('AutoPagerize_SiteinfoLoaded', function(e) {
  if (e.SITEINFO) SITEINFO = e.SITEINFO;
  autopager();
}, false);

に変更。


最後に、oAutoPagerize.js と一緒に配布されている 0AutoPagerize.Settings.js をインストールして、

,USE_CUSTOM_SITEINFO_LOADER: true

という項目を追加。これは絶対忘れずにやってください。そうしないと用のない他人のサーバーに迷惑をかけることになってしまいます。


あとは 0AutoPagerize.SITEINFO.js を捨てるだけ。


特徴

  • Opera Unite を使わなくてもいい。
    • Unite とか要らん」という人にぴったり。
    • Opera は Unite とか作るならちゃんとバグ直してくれ。
  • http://0.0.0.0/ の localStorage を使う。(1.3MB ぐらい)
  • サーバー化。
    • storage イベントによって別タブと通信している。
    • 毎回 localStorage を読み出して JSON.parse して new RegExp しても別にいいんだけど、好みの問題でこうした。

そんなところ。


ライセンスは MIT ライセンスにしました。バグがあったら教えてください。


早速アップデート。Google Images 用ハックを追加。

トラックバック - http://orera.g.hatena.ne.jp/edvakf/20100707
 |